kirick  
 
menu comic horror boyslove lightnovel general kazari
contentsk
ライトノベル
前のページへ1 2 3次のページへ

剣とドレスとキス 剣とドレスとキス〜男装の女剣士と荒野案内の娘〜
著/椿市かほ

発行日:2009年3月19日 本体価格:500円

 王位奪略を目論む野心家の王弟ゾノトラが国の重要機密がしるされた古地図を持ち出し行方をくらました。王からゾノトラ暗殺の密命を受けたのは、すみれ色の瞳と蜂蜜色の長く美しい髪を持つマルトザ宮廷騎士団屈指の女剣士ヴィオレーヌ。ゾノトラが広大なガリア平原を渡るための荒野案内を雇い、隣国アロハドを目指しているとの情報を得、ヴィオレーヌも腕利きの荒野案内の少女フィゼリーとともにガリア平原へと踏み込んだ──。
 ヴィオレーヌは過去の哀しい出来事から自分が女であることを押し殺すべく男物の服で身を包み、宮廷騎士団長である父親の立派な跡目になるべく自らを厳しく律してきた。そんなヴィオレーヌをフィゼリーは道中太陽のような温かさで包み込み、ヴィオレーヌもまたそれを心地よく感じていた。しかし一方で任務遂行後、国の中枢のスキャンダルを知ったフィゼリーの“処遇”のことがヴィオレーヌの脳裡を掠め……。


おぱんちゅ忍法帖 おぱんちゅ忍法帖
著/おおつやすたか

発行日:2006年7月6日 本体価格:600円

 豊臣秀吉がまだ「木綿藤吉」と呼ばれる前。信濃の国に「大福丸」という若君がいた。そのほっぺたの感触は、生娘の乳尻を凌いだという。色欲大魔神・信玄から大福丸のほっぺたを守るため、大福膳は萌谷からある忍者を呼び寄せた。その名は萌影。生娘にして、こと刀術においては戦国最強と言われた娘である。彼女は生脚剣の使い手であることから「木綿の忍者」と謳われた。最後の発禁剣士にして萌影を偏愛する姉分百合影、やはり生脚剣の英才教育を受けている妹分ぷに影と共に、萌影は大福丸を守る旅に出る。純白のぱんちゅを晒し、全身陰茎男に、武田の軍勢、覇道法忍者をばったばったと切り伏せて、美少女忍者の痛快冒険活劇ここに見参!

オトメカコレクション オトメカコレクション
著/グーニーツ

発行日:2006年7月6日 本体価格:600円

 ロボットだけど涙が出ちゃう……だって、女の子だもん。その日の朝の教室は騒がしかったのをよく覚えている。無理も無い。平凡極まりない僕らのクラスに、転校生がやって来るのだ。かもそれが女の子型の「心を持った」ロボットだとくれば騒ぐのは尚更だった。新聞やニュースで散々話題のその新しいロボットの存在に興味を引かれないものはいなかった。そのロボットは新開発の回路ですでに”心”つまり処理能力とは全く別の、いわゆる感情、人格といったものを備えており、更には実際の社会に出て、様々な外部情報を集積する事でより複雑な心理を身につけていくことが出来るのだという…(本文より)。萌えるロボット美少女図説!

シェイプシフター晶 シェイプシフター晶
著/高橋ショウ

発行日:2006年11月16日 本体価格:600円

 両親を獣人に殺され、自らも犯された相良晶は、キメラと融合しシェイプシフターとなることで一命を取りとめた。天涯孤独となった少女は猫獣人となり、人間に危害を及ぼす獣人と戦うことを決意する。やがて晶はシェイプシフターの同志である竜同和人と出会い、経済都市、斗紀桜府に蔓延する異形事件に立ち向かうこととなる。人間を守るために自分の命を懸けて────しかし敵もまた、すでに彼女たちをターゲットとし、着々と動き出していた。魅惑の凌辱シーンと迫力のアクションシーンが満載。戦うヒロインの未来ストーリー。

パパは18禁作家 カプセル赤 パパは18禁作家 カプセル赤
著/おおつやすたか

発行日:2006年6月8日 本体価格:600円

 磯原真は、普段はフリーペーパー等に執筆するライターだが、実は知る人ぞ知るエッチなマンガの原作者。「五浦天真」とは彼のその方面のペンネームである。そして、妻には先立たれているが、中学生の娘と息子の父親でもある。真と組んでエッチなマンガを描いている川尻瑞穂と編集者の小木津尚美が真を巡って繰り広げる危ない三角関係。微妙な年頃の娘「歩」に息子の「翼」を巻き込む、21世紀の家族ゲーム。「お兄ちゃん。」に続いて贈る、おおつやすたかの軽快ラブコメ真骨頂。「旦那、この本読まないとソンしますぜ(瑞穂談)」

前のページへ1 2 3次のページへ