kirick  
 
menu comic horror boyslove lightnovel general kazari
contentsk
ライトノベル
前のページへ1 2 3 |次のページへ

パパは18禁作家 カプセル青 びぃらぶりぃ パパは18禁作家 カプセル青 びぃらぶりぃ
著/水野みやび

発行日:2006年6月8日 本体価格:600円

 磯原歩は中○3年生の大きなぱっちりとした目のかわいい女の子。作家の父と中学1年生の弟と3人でビンボーながらも平和に暮らしていたのだが……。信じていたハズのボーイフレンド・純也がいきなりケダモノと化す。部室で歩の胸をまさぐりブルマに手が…。親友・瑞穂のおかげで危機に逃れるも男性不信に陥る歩。しかし瑞穂は怪しい微笑みを浮かべる。彼女は歩をBL(ボーイズラブ)の世界に引き込もうと企んでいるようだ。思惑通りBLにハマっていく歩は瑞穂とその友達・零架と3人で人気作家のサイン会に向かう。そこで瑞穂のメガネがキラリと光る。そんな中、どうもあやしい動きを見せる父・真。歩のイライラの原因は、いつの間にか磯原家に入り込んできた父の担当編集・尚美だ。しかし、弟の翼はそんな彼女に興味津々。尚美が寝ている隙に友達とエッチなイタズラを企む。ドタバタ慌しいそしてちょっぴりエッチな日常を送りながら少しずつ成長してゆく歩と、それを取り巻く仲間達の物語。

お兄ちゃん。 お兄ちゃん。
著/おおつやすたか

発行日:2006年6月1日 本体価格:600円

 藤ノ木薫はホームページで小説を発表するマニアックな26歳。 妹のほのかを愛し、妄想と現実を行ったり来たりの毎日であった。そんなある日、幼馴染の沢村桂がほのかの哀願を受け、薫のアパートに様子を見にやってきた。そこで桂が目撃したものは? ちょっとおませで好奇心が強いほのかと、男勝りの桂、薫と一緒に冥府魔道まっしぐらのイラストレーター高森。一筋縄ではいかないキャラクターが繰り広げる、あまずっぱい、ちょっとエッチな物語。はたして薫お兄ちゃんは社会復帰できるのか!?

人造美少女ハルナ 人造美少女ハルナ
著/おおつやすたか

発行日:2006年6月1日 本体価格:600円

 ────ハルナはユウジさんのものです────
 さえない童貞ユウジのもとに人造美少女(ラブロイド)がやってきた。小柄な黒髪少女ナツキに栗色の髪を持つ背の高い少女ハルナ。彼女たちは光華インダストリーの開発した「リューバ」。「人間を愛し、人間に愛される」ことを目的として造られた少女型人造人間だ。彼女たちの体はまるで人間のように温かく、感情もあり、愛撫をすれば感じるし、感じれば自然と濡れてくる。もちろん女性器は人間の女性と同じ構造だ。いきなり美少女二人と共に生活をする事になったユウジ。まったく女性に免疫のない彼は戸惑いつつもにやけ顔。愛情たっぷりのご飯を作ってくれ、夜のお相手までも……。人造少女たちとの生活を満喫していたユウジだが、ある日少女たちが「検査の為」として研究所連れて行かれてしまう。 研究所に隠された秘密とは? アンドロイドとクローンの愛しく切ない愛の物語(ラブストーリー)。


孤島のハーレム 孤島のハーレム
著/月下さがの

発行日:2006年5月25日 本体価格:600円

 宝卿院財閥トップである父・雷厳に呼ばれ孤島へと降り立った羅生。そこは「煌きの都」と呼ばれ、雷厳を王として千人もの美女たちが囚われるハーレムの王国であった。女は王を満足させるための道具であり、王の意のままに身体だけでなく命までも弄ばれる。王と最高のセックスをすることが女たちの勤めであり、王に愛されることが最高の幸せとされる王国。女たちは教育係によって感度を高められ、よりいやらしい身体になるための調教を受ける。女同士の愛欲、快楽、憎悪が渦巻く世界に迷いこんでいく汚れを知らない少女かぐやと羅生。見せかけの煌びやかな快楽の裏では、ある計画がじわじわと進んでいた……。

姉メイド 姉メイド
著/おおつやすたか

発行日:2006年5月25日 本体価格:600円

 誕生日の朝、小野塚直人が目覚めて最初に見たものはメイド姿で自らに奉仕する姉しおりの姿だった。突然変わってしまった関係に戸惑いを隠せない直人。献身的な奉仕を受けるうち、しおりの態度は「ご主人様」へのものであり、自分自身にむけられたものではないのではないかという疑念が頭をもたげ始める。その一方で、学園では生徒会長を務めるしおりに対し、新聞部部長・関谷の魔の手が迫りつつあった。彼は直人をも巻き込み、しおりを陥れるための策略を張り巡らせていく……。お互いを思い合う二人の、背徳的な純愛物語の幕が今上がる。

前のページへ1 2 3 |次のページへ