kirick  
 
menu comic horror boyslove lightnovel general kazari
contentsk
ホラー
前のページへ1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページへ

ホラー短編傑作選 兇〈惨〉 ホラー短編傑作選 兇〈惨〉
著/狂気太郎、青山祐、黒形圭、小林泰三

発行日:2013年2月28日 本体価格:500円

 山の向こうの料亭を目指し、恋人と親友を乗せた車を走らせていた八坂誠は、途中の山道で「ここからはじまります」という奇怪な看板を目撃。その直後、ひどい事故にあう。たった一人車内に取り残された彼が意識を取り戻したとき、顔に奇怪なペイントをした殺人集団にまわりを囲まれていて……『ファウル』著:狂気太郎
 学校での壮絶なイジメを苦に飛び降り自殺した双子の兄、武彦。それを伝えにやってきた二人の刑事の前で、弟の幸彦は呆然とした表情を見せる。それは、鏡の前で何度も練習した顔だった。地獄から抜け出すために。奴らに復讐するために。弟になりすますために……『兄弟日記』著:青山祐
 血に染まったカッターナイフ。血痕に見えたテントウムシ。冷蔵庫の中には、お姉ちゃん。悪意に満ちた街は一人の少女を狂気の世界へと追い込んでいく。終わりなき悪夢の果てに訪れる結末とは……『テントウムシ虐殺』著:黒形圭
 その怪異は妻が朝食に生の豚肉を出したことから始まった。会社では同僚が続々と感情のこもらないようなしゃべり方になり、ついに先刻までまともだった同期入社の山郷にも異変が起きる。突然苦しみだした彼が襟をつかんでシャツを引き裂くと、そこには信じられない侵略者の姿があった……『侵略の時』著:小林泰三

 戦慄、極大。気鋭の作家三人に短編ホラーの名手・小林泰三を迎えた、電子限定最凶ホラーアンソロジー第三弾!!

   

  教えて下さい、あなただけが知ってる「怖い話」 ~upppiホラー小説コンテスト優秀作品集~ 教えて下さい、あなただけが知ってる「怖い話」 ~upppiホラー小説コンテスト優秀作品集~
著/Hiro、 黒棲一人、 ファイブス、 タカば、 66号、 チャチャ丸、 らしき、 追試、 キラーメガネ、 さいとうたけし、 KOU、 藤堂貴之、 犬見、 三塚章、 南部鞍人、 無知蒙米、 和久井つぐみ、 叩き多恵、 小林泰三

発行日:2013年2月28日 本体価格:200円

 教えて下さい、あなただけが知ってる「怖い話」──
 電子書籍投稿サイト〈upppi〉にて、2012年7月から開催されたホラー小説コンテスト。応募総数185作品の中から、受賞作品と優秀作品を集めた新時代のホラーアンソロジーがついに登場!

 そのクラスには、「友食」という特別な行事があった。それは、クラスメイトの中から毎月一人を選び、みんなで食べる神聖な行事なのだが……upppiホラー小説コンテスト大賞作品『友食』著:Hiro
 夢から覚めた心地で目を開けると、そこには頭の割れた自分の死体。それにすがり泣いているお母さん。終わりなき悪夢の螺旋をさまよった「僕」の真実とは?……佳作作品『僕の棺』著:黒棲一人
 山間の道路を友人の良雄の車で走行中、自転車に乗った人をはねて殺してしまった透。一緒に乗っていた友人の良雄と二人で何とか事故を隠そうとするが…… 審査員特別賞作品『国道666』著:ファイブス
 その他、upppiホラー小説コンテストの最終候補をはじめとする優秀作品17編に加えて、なんと審査員特別寄稿作品として小林泰三先生の書き下ろし作品『掌の上の宇宙』も収録!

 電子書籍から生まれた恐怖の物語をあなたに……。

   

牛頭の目覚め 牛頭の目覚め 上・下巻
著/梅津裕一

発行日:2012年12月20日 本体価格:各500円

 東京の有名私立大学に通う鬼塚潮は、ある日、おそろしく魅力的な美女に出逢う。偶然、自宅の近所で暴漢に襲われていたところを助けたのだが、帰るところがないというので、しばらく一緒に暮らすことになる。蘇民玻璃沙《そみんはりさ》と名乗ったその女性は自分のことを何も語らなかった。その特徴的な名前や立ち振る舞いから宗教の影は感じられたが。面倒事に巻き込まれそうな予感を覚えつつも、しかし潮は彼女の蠱惑的な魅力に引き込まれ、やがて肉体関係を結んでしまう。ところがその翌日、玻璃沙はこつ然と姿を消した。「私のことは探さないでくれ。さもなければあなたの命に関わる」という書き置きを残して。だが、潮はすでに玻璃沙の虜だった。もう彼女なしの生活は考えられない。その出自に日本古来の「牛頭《ごず》天王信仰」が深く関係していると確信した潮は、歴史や民俗学に詳しい大学の知人二人の協力を得て、西日本にある彼女の出身地を突き止める。そこは数年前にネットで淫祠邪教の村と噂された「牛人集落」だった。命の危険を覚悟して陸の孤島のような集落に乗り込む潮たち。そこで彼らを待っていたのは、現代社会の常識から外れた予言と儀式、そして、古代より人間が畏れてきた鬼そのものであった……。

 その集落は、千年以上も「牛頭」なる異形の鬼と「件」なる者の予言に従ってきた……鬼才・梅津裕一が贈る極上民俗学ホラー!

   

虐殺王国 虐殺王国 上・下巻
著/梅津裕一

発行日:2012年12月9日 本体価格:各500円

 神聖ネクム王国──そこは、十五年ほど前に即位した新国王のもと、それまで敷いてきた鎖国政策を解き、ここ数年でめざましい近代化を遂げた、東南アジアにある小さな島国。その政策はかなり親日的で、国民の多くが日本語を話せるため、日本からの旅行者も多い。仲間の男女五人と大学の卒業旅行で訪れた飛鳥政人も、ありふれた観光客の一人だった。滞在中の首都ユドゥムがドゥールーと呼ばれるゲリラに制圧されるまでは……。
 ゲリラの強制収容所に連行されるユドゥム市民と旅行者たち。もちろん、政人らも例外ではなかった。だが、その待遇は他の収容者とは違った。水や食事が制限され、拷問と暴行が続くなか、仲間の安全は保証され、当の政人には十分すぎる食事が与えれたのだ。理由は、政人のその右目だった。瞳だけが深紅に染まった右目。それを見たドゥールーゲリラたちが皆、政人のことを「アスラ・ガウ」と呼び、恐れたからである。聞けば、ネクムには「アスラ」なる悪魔の伝承があり、その下僕であるアスラ・ガウは不死の狂戦士だと信じられていた。そして、飢えたら人を喰らう化け物になるとも。そんな折、収容所が何者かの襲撃を受ける。仲間を人質に取られた政人は、ゲリラ幹部からこれを迎撃するよう命じられるが……。

 国を想う心が生む地獄……死ねない体を持つ地獄……本当の地獄とは何かを問いかける、戦慄のジェノサイドホラー!


殺人権を行使しますか? 殺人権を行使しますか? 上・下巻
著/梅津裕一

発行日:2012年8月9日 本体価格:各500円

 大都市近郊のベットタウンA市では、義務教育を終えた市民ひとり一人に、ある特別な権利が与えられていた。「排除権」──それは、犯罪抑止の名目で施行された「排除法」に基づくもので、平たくいえば、自分の気に入らない相手を電話一本で排除できる──すなわち、殺せる権利だった。他人の気分を害すれば排除権で殺されるかもしれない。軽犯罪でも相手を怒らせたら命取りになるかもしれない。政府の思惑どおり、街の治安は劇的によくなったものの、A市の住民たちはまわりを気にしながら戦々恐々と暮らしていた。市内の私立高校に通う神原透も「排除権」を所持する一人。その狂った法律が施行されて以来、誰もが不自然なほど他人に優しく接する教室で、居心地の悪さを感じていた。そんな折、クラスの男子生徒の一人が変死する。誰かが、排除権で、殺した? 疑心暗鬼にかられるクラスメイトたち。刑事の父親を持つ透は、持ち前の正義感から真相を探ろうとするが、次から次へと事件が連鎖するなか、自身も複雑な人間関係の陥穽に落ちて……。

 嫉妬、誤解、疑心暗鬼……殺意の連鎖が止まらない! 著者渾身の新感覚・多視点心理ホラー!!


前のページへ1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページへ