kirick  
 
menu comic horror boyslove lightnovel general kazari
contentsk
ホラー
前のページへ1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページへ

C人民共和国倭自治区 C人民共和国倭自治区 上・下巻
著/梅津裕一

発行日:2012年5月24日 本体価格:各500円

 その日、日本という国は亡くなった──。
 子供のころの数年間をC国で送ってきた小杉勇紀は、現在、学術研究都市として知られるT市で平凡な高校生活を送っていた。しかし、いきなり教室に響いた緊急校内放送が、その平穏な日常の終わりを告げる。それは「日本国が国家主権をC人民共和国に委譲し、明日よりC人民共和国倭自治区になる」という衝撃の内容だった。緊急釈明会見を行政府。現実を受け入れられない国民。かつてC国で暮らし、彼の地に友人のいる勇紀も、複雑な感情を抱きながら、突然の亡国劇に納得できないでいた。そんななか、武装蜂起した陸上自衛隊の一部隊が、勇紀の高校にやってくる。そして、指揮官らしき男が告げた。C国軍は真っ先に日本の最先端技術が集結するT市に進軍してくると。それはすなわち、このT市が戦場になることを意味していた。さらにその指揮官は生徒たちに「自衛隊とともに戦う愛国者はいないか」と問う。自分の語学力は必ずや武器になると踏んだ勇紀は、決意する。ゲリラとなって、日本のために、C国人と戦うことを……。

 飛び散る肉片、吹き飛ぶ手足……リアルな戦場の恐怖が、そこにある! 鬼才・梅津裕一が戦争の狂気と悲劇を突きつけるハード・バイオレンス・ホラー!!

   ホラー短編傑作選 兇〈弐〉 ホラー短編傑作選 兇〈弐〉
著/梅津裕一、青山祐、小鶴、狂気太郎

発行日:2012年4月5日 本体価格:500円

 街じゅうのいたるところで〈他人には見えない死体〉を見るようになった北村は、ある日、あきらかに自分と同じモノを見て怯えている小百合と出会う。だが、それはありえないことだった。なぜなら北村に見えている死体は、交通事故で負った〈高次脳機能障害による幻覚〉だと医師に診断されていたからだ。果たして、二人に見えている死体の正体とは……『死者のいる風景』著:梅津裕一
 自称パチプロでニートの孝一に、ある日、届いた一通のメール。そこには『来店不要。ネットで簡単手続き。どんな方にも百パーセントお貸しいたします』と書かれていた。あまりにうまい話でかえって怪しかったが、すでに借金で首が回らなくなっていた孝一は、渡りに船とばかりにそのメールに飛びついた……『不良債権』著:青山祐
 僕ガ君ヲ救ウ、予言者トーマ──公園のトイレでそんな落書きを見つけた葉南は、なぜかそれが自分への伝言のように感じられ、その隣にあるメッセージを残した。後日、返事を期待して訪れると、そこには「死ス」という言葉を含む暗号のような文章が。そして、その予言のとおりに葉南のクラスメイトが死ぬ。それからもトーマの不吉な落書きは続き……『喪 ─875─(死ナバ、葬~現代都市伝説奇譚~より)』
 自分だけの安心できる空間が欲しい。それまで会社の寮に住んでいた伊郷だったが、あることをきっかけにマイホームの購入を決意する。そして、思案に思案を重ねて手に入れたそれは、こじんまりとしながらも理想に近いほぼ完璧な家だった。近所の住人たちが彼に干渉しはじめるまでは……『マイホーム』著:狂気太郎

 凶悪、至極。気鋭のホラー作家四人が贈る電子限定、最恐ホラーアンソロジー第二弾!!

ある屍の恋 ある屍の恋 上・下巻
著/ 梅津裕一

発行日:2012年3月29日 本体価格:各500円

 イザナミ伝説ゆかりの土地で、古くから奇妙な因習に縛られた里、鳴神──。その集落には、黄泉への道「ヨモツヒラサカ」に通じる「千曳の岩」があり、先祖代々、それを守りつづける「鳴神一族」が住んでいた。一族に連なる高校一年の少年、鳴神伏人はその日、仲間たちとともに千曳の岩の奥で肝試しをしていた、はずだった。ところが気がついてみると、頭上には満点の星々。肝試しのさなか、何かおそろしいことが起きた気はするが、まったく思い出せない。一緒に肝試しをした仲間の、黒一、若姫、大悟、火影、拆香とは無事に合流を果たせたものの、何があったかについては誰も覚えていなかった。さらに、各々の無事を確かめ合うなかで、六人は自分たちの体の異変を自覚する。見えすぎる星々、妙に遅く飛ぶ羽虫、やたらと間延びした音。そして何より、誰もが息をしておらず、心臓も動いていなかったのだ。やがて、ヴァンパイアのような生ける屍「ヨモツイクサ」になったことを理解した六人は、その宿命に従い、人の血を吸い、肉を喰らい、死者を増やしながら、市街地を目指す。そんななか、人を殺すことに疑問を抱いた伏人が、車椅子に乗った人間の美少女、暁ひなたに恋をする。ひなたを、食べたい、犯したい、という内なる強烈な欲望に耐えながら、仲間を裏切り、彼女と旅をする道を選んだ伏人。死者と生者の間に芽生えた許されざる恋の行方は……?

 鬼才・梅津裕一が放つ、生死の境界を越えた究極のロマンスホラー!

日本終了 日本終了 上・下巻
著/梅津裕一

発行日:2011年11月9日 本体価格:各500円

 その地獄は、突然の大停電から始まった──。
 東京郊外のM町で、父、兄、姉の三人と暮らす中学二年の東堂夏生は、その夜、起きた停電がすぐに普通のそれではないことに気づく。電源の入らない携帯電話、電池を替えてもつかない懐中電灯、作動しない災害用の手回し充電ラジオ。電力供給がストップしたというよりも、電化製品がすべて〈使用不能〉になったかのようだった。やがて〈電子制御〉で水を汲み上げている水道も使えなくなるが、人並みはずれた知性を持つ大学生の兄・冬則は、この異常事態は太陽フレアの電磁嵐によるもので、電気も水も二、三日で復旧するだろうと説明する。のちに、それは先の展開を読んだ兄の嘘だとわかるのだが。明くる朝、水道、都市ガス、電話、自動車、公共交通機関……あらゆるライフラインが突然停止した状況に戸惑う町の人々。父をはじめ、昨日仕事で都心に出ていた者も帰ってこない。事態の深刻さを正確に把握している兄だけが、先手を打っていろいろと行動していた。そんななか、夏生は兄の指示で自身が通う中学校へ情報収集に出かける。さまざまな憶測や流言が飛び交っていたが、ほとんどの者がやはりライフラインは二、三日で復旧すると考えていた。ところがただ一人、兄と同じくこの事態を正確に見抜いた生徒がみんなの前で告げる。この状況は少なくとも数ヶ月は続き、自衛隊などの救援も期待できないだろう、と。そして、その予想が現実だと気づく頃にはもう、夏生は〈人殺し〉として地獄の入口に立っていた……。

 現代日本で起こりうる最大級のクライシス! 生き残るために人を殺す──リアル・サバイバル・ホラー!


死ナバ、葬 〜現代都市伝説奇譚〜 死ナバ、葬 〜現代都市伝説奇譚〜
著/小鶴

発行日:2011年11月2日 本体価格:500円

 映像化もされた大ヒット恋愛小説『夢×恋』。そのなかに登場するヒロインの恋人〈トーマ〉を騙る人物より、作者宛に届けられた世にもおぞましい小包から、悪夢と恐怖の連鎖は始まる──。自身の過酷な実体験をベースに『夢×恋』を書き上げ、一躍、ケータイ小説界のカリスマとなった果夢《かむ》は、ストーカー被害に悩まされていた。そんな彼女の身辺を警護すべく、一人のSPが立ち上がるのだが、あまりにも常軌を逸した犯人の行動に、彼は……。

 『ダルマ女』『口裂け女』『トイレの花子さん』……定番の都市伝説に吹き込まれた新たなる戦慄! 気鋭の女性作家・小鶴が満を持して放つ、超都市伝説サイコスリラー!!


前のページへ1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページへ